退職 代行サービス で、さらば出来るの?又、体験談やトラブルは・・・

近年、会社をやめたい人が増えているそうです。

退職したいのに「やめたい」と言えない、やめさせてくれない職場環境にあるなど、

退職希望者に代わって退職の意思を伝えてくれるのが退職代行サービスです。

でも、退職代行サービスで上手くおさらば出来るのでしょうか?

又、実際に「退職代行サービス」を利用した方の体験談トラブルなどが無かったのでしょうか?

調べてみることにしました。

退職代行サービスで上手くさらばするには?

まず、知っておきたいのが、

退職代行には「一般企業が行う退職代行」「弁護士による退職代行」の2種類があります。

結論から言いますと、「弁護士による退職代行」に頼まれた方が、弁護士にしか出来ない依頼や交渉力があるからです。

上手くおさらばするには、弁護士が直接退職代行する所にお願いした方が良いです。

実際に、弁護士にしか出来ない交渉や依頼について述べますと、

「一般企業が行う退職代行」と「弁護士による退職代行」の違い

・料金— 相場はあまり変わりはないそうです。

・退職意思の伝達—双方とも伝達することが出来ます。

・退職日の交渉—弁護士にしか出来ません。

・有給の消化交渉—弁護士にしか出来ません。

・引継ぎに関する交渉—弁護士にしか出来ません。

・私物の引き取り—弁護士にしか出来ません。

・賞与品の返却の連絡—弁護士にしか出来ません。

・離職票の発行の依頼—弁護士にしか出来ません。

・未払い給料、残業大、退職金—弁護士にしか出来ません。

(*ただし、金銭の請求が認められた場合は、別途費用がかかることがあるそうです。)

弁護士には、法律上「雇用契約の解除」という行為が対応でき、

これらにまつわる未払いの残業代や有給取得、給与の請求も行ってくれます。

又、弁護士が受け持つことで後々響かない退職が可能なんだそうです。

「一般企業が行う退職代行」でも交渉や依頼をしてくれますが、

勤めている会社から拒絶されたらそれ以上の対応が出来ないということなんです。

残業代、退職金、慰謝料などの権利も取得出来ないそうです。

それでは、実際に退職代行サービスを利用された方のリアルな体験談やトラブル

について調べてみました。

退職代行サービスでの体験談やトラブル

弁護士事務所の退職代行サービスを使って会社を退職しました。
会社に自分から退職の意思を伝えることなく、退職できました。
それに、離職票や源泉徴収票などの請求を自分から請求しなくても済みました。
こちらから指定した日に退職代行に退職を伝えてもらえるので、
計画的に辞めることが出来ました。
これが、弁護士資格をもたない業者に頼むと、
残業代の未払い分や有休消化などの交渉はしてもらえず、
トラブルの原因になる可能性があります。
即日退職は可能なんですが、退職代行を申し込んでから執行されるまでに、
委任状の送信、受信や費用の支払いや最終確認のやり取りなど手間がかかります。
無計画にすぐに辞めようと思って申し込まれると苦労します。
退職の意思を示すだけなので、社内で人間関係に問題なく退職の意思を伝えることがそう難しいことでなければ、ご自身で会社に退職の意思を示した方がいいと思います。
30,000円程度費用がかかりますので、コスパはあまり良くないと思いました。
中々退職を切り出せずにいたのですが、思い切って利用してみました。
メリットは、なんといっても上司と直接会わなくて済むことです。毎日の業務をぎりぎりの人数で回していたので、直接話せばいいように
言いくるめられるのが目にみえていたので、すごく助かりました。費用を振り込み後任せておけば、スムーズに話を進めてくれるので、
精神的に負担がかなり少なく済みました。
離職票のやり取りも郵送で行えるように手配して頂き助かりました。当時の自分は、精神状態がギリギリだったところもあったのですが、
対応も良くデメリットは無かったです。でも、費用が前払いなので、ちゃんと実績のある業者を選んで使用するべきだと思います。あとから調べたのですが、業者との連絡が途絶えたり、「業者側から直接会社に連絡してくれ」と言われたり、お金がが無駄になるうえに、厳しい状況になることがあったそうです。

やっぱり自分でやめると言わなくて済むこと。自分で言わないと、やめられない、と思うとほんとにつらい。

他人に、無責任な辞め方といわれようが、退職代行にお願いすることで悩みから解放されることは大きかった。

それに、退職代行を利用してから、その日から休みに入ることで、周りの冷たい視線や空気を完全にシャット出来たのは大きい。

確かに、お金は多少かかるかもしれないけど、悩んでいる時間が長いほど心理的喪失が大きく、退職代行費用に比べればその価値は十分にあると思う。

会社の社長によるパワーハラスメントが横行していて、離職率の高い会社で働いていました。

退職願いを出していた社員に嫌味を言ったり、怒鳴っているのを見ていたので、やめたくても言い出せなかった状況でした。

退職代行のメリットは、こういった最悪な職場環境で退職の意向を伝える際に有効でした。

上司と顔を合わせることなく、罵声を浴びせられることなく退職できるからです。
自分が傷つくことなくやめることが出来てよかったです。デメリットは、退職代行を利用したことで、先輩や同僚に対してキチンと最後の挨拶だ出来なかったことと、離職票や源泉徴収票など退職後に取り寄せる際に気まずい思いをしたことです。この点は、前もって退職代行にお願いしておけば良かったです。辞めにくい会社で働いている人にとっては、デメリットよりもむしろ、メリットのほうが大きいのではないかと思いました。きちんと事前に準備してから依頼しておけば、デメリットはほとんどないと思いました。

体験談からわかる様に、弁護士が直接退職代行を行っている所では、ほとんどトラブルがなく、スムーズに退職が出来るようです。

それで、今日ご紹介したいのが「退職代行NEXT」です。

もちろん、専任の弁護士が直接退職代行を行ってくれますので、安心して依頼できます。

「退職代行NEXT」について調べましたので、ご参考にしていただければと思います。

退職代行サービスでうまくさらば出来る「退職代行NEXT」とは?

退職代行業者の中でも、オススメしてますのが「退職代行NEXT」です。

「日本全国即日対応」、「最短で24時間以内に対応」、「業界最低水準の手数料」、「お客様満足度92%」なんです。

弁護士があなたの退職代行します

退職に関する法律のプロの当弁護士が、ご自身の退職の手続きをフルサポートしてくれます。

専任の弁護士から会社に連絡を入れることで、ご本人に会社から連絡が来なくなります。

退職内容に応じたリーズナブルな料金設定

弁護士に頼むと費用が高いと思われがちですが、

退職代行NEXTでは、大手退職代行業者と同等な内容でリーズナブルな料金設定になっています。

ちなみに、退職代行プランは30,000円(税別)です。

退職以外の事もサポート

退職する際に発生する法的な問題も、手数料の範囲内で対応してくれます。

未払い給料や残業代、退職金の請求などです。

これらの金銭の請求が認められた場合は、報酬は必要となります。

成功報酬で20%かかるそうです。

又、法的手続きが必要な場合は別途費用がかかる場合があるそうです。

まとめ

今回は、退職代行サービスについて、安心して上手に退職出来る退職代行会社の選び方や

体験談を通してメリット、デメリットをご紹介させて頂きました。

悩んでいる方のお役に立てればうれしいです。

現在、たくさんの退職代行会社がありますので、まずは、気楽にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

あなたの未来が明るくなりますように!

それでは、最後までご覧頂きましてありがとうございました。

退職代行NEXTのお問い合わせ・相談はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓



退職代行会社でもう一つ、おススメの出来る「退職代行ニコイチ」のご紹介もしておきますね。

「退職代行ニコイチ」とは?

「退職代行ニコイチ」では、弁護士が監修のもとに退職代行を行っています。

弁護士が直接退職代行する「退職代行NEXT」と違って、弁護士の指導・監督の元で

退職代行している会社です。

いざとなったら、専任の弁護士が間に入ってくれるという感じです。

それで、「退職代行NEXT」にはないメリットも含めて、「退職代行ニコイチ」

メリットを調べましたので、ご参考にして下さい。

「退職代行ニコイチ」のメリット

1・退職がすべて完了するまで追加料金一切なくて、27,000円(税込み)ポッキリなんだそうです。

2・即日退職可能

3・全額返金制度(退職出来なかった場合)

4・すべてお任せOK

5・正社員もアルバイトもお値段一律

6・全国対応

7・円満退社に向けた密な打ち合わせ

8・有給消化サポート無料

9・2か月間のアフターフォロー付き

「退職代行ニコイチ」の特徴

「退職代行ニコイチ」は創業14年目になり、退職代行業者の中でも一番古くから

営業されています。

なので、14年間のノウハウがたくさん詰まっている退職代行業者です。

実績は、業界NO.1だそうで、今まで退職させた方が、累計で7,135人(令和元年10月現在)

なんだそうです。

退職代行料金が3万~5万円の業者が多い中、業界で最安値の27,000円(税込み)です。

退職成功率100%で、失敗しない唯一の退職代行業者なんだそうです。

創業からクレームやトラブルなど、一度も無いそうです。

あと、会社に退職が承諾されましたら、退職届を作成して、関係書類や返却物と一緒に

郵送で送るのみです。

離職票、源泉徴収票、年金手帳、社会保険資格喪失証明書、給料、退職金などの話も

してくれるので、丸投げ状態で良いそうです。

「退職代行ニコイチ」の無料相談はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする